アロマテラピー通信/決断できない自分をサポートしてくれる香りは?

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

先日、第2回目のアロマテラピーのレッスンに行ってきました!6時間のレッスンでしたが、あっという間で楽しかったぁ~

アロマテラピー 決断 

今日は、色々頭の中が混乱して物事の判断がつかなくなっているときに、アロマテラピーで使いたいエッセンシャルオイルをご紹介したいと思います。

3種類のエッセンシャルオイルについて、私のイメージング体験を通して、主に精神面への効果を中心に書いていきます♪

※イメージングとは、その香りを嗅いだときに浮かんだ感覚(好き嫌いや色かたちものなど)をスケッチブックに自由に描いていくものです。

 

スポンサーリンク

 

アロマテラピー:レモンの香り/思考をシンプルに、そして迷いを消し去り、自己主張できる自分に

レモン

イメージングは、「レモンキャンディー」「甘く可愛い」「明るく楽しい」といったイメージですっきりした気分になりました。

レモンは、両端がキュッと引き締まっていて、その形のとおり集中させる・引き締めるというデトックス効果があります。

肉体面には体の老廃物を排出する、精神面では古い意識や雑念を払拭するということ。

過去の後悔や未来の心配を排除し、今に意識を向けることができます。

余計な迷いを消し去り、自分の本意と向き合い前に進んで行けるんですね。

自分の価値観を大切に生きていきたいという意識を目覚めさせてくれる香りです。

アロマテラピー:ティートゥリーの香り/自分のハートに素直な選択をさせてくれる

イメージングは、「現実に戻る」「厳しい」「目が乾く」「鼻の奥でくるぶる」「薬草」といった内容が浮かびました。

ティートゥリーは、葉が深緑で遠くからだと黒く見え、若い枝木は逆に白っぽく見えることから、学術名には黒と白を意味するネーミングが付けられています。

一般的には殺菌作用が有名ですが、実は精神面にも深く作用する香りです。

この黒と白という学術名からも理解を深めることができるのですが、ティートゥリーは白黒はっきりしないと気が済まない人=心にゆとりがない人が好む傾向があります。

でもこのティートゥリーは、白黒つける=こうしなくてはいけないという決めつけではなく、自分が心地よい方に進めばよい、そして色々な価値観・考え方を許容する。そういった心を強くしてくれる作用があるんですね。

被害者意識を変え、嫌だということも全て自分に必要だからこそ起きていて、成長の過程のひとつとして捉えることができる、そんなハートを強くしてくれる香りです。

アロマテラピー:シダーウッド(アトラス)の香り/自分の中にぶれない軸を作ってくれる

 

スポンサーリンク

 

イメージングでは、遠くからでも強く香りを感じて、「整理整頓」「厳しい」「規則」を連想しました。

シダーウッドは、天に向かいまっすぐのびる木なので神への強い信仰心を象徴する木として崇められてきました。シダーというは霊的なパワーを意味するんですね。

なので志を強化する香りとして、自分の中にぶれない軸を作ってくれます。決めたことを貫き通したいとき、自分の力を信じたいときに力を発揮してくれます。

動揺や迷いがあるときに、どんな状況も肯定的に捉えて逆境を学びのチャンスと捉える、そんな思考にもっていってくれる心強いエッセンシャルオイルです。

ということで、今回のレッスンでは「レモン」では頭をスッキリさせることを心地よく感じ、「ティートゥリー」は少し目を覚めさせられる感覚と少しこの香りを距離を置きたい気分だったので、自分がそこまで混乱の中にいない状態だったのかなと。そして「シダーウッド」はかなり自分的にはきつく感じたので、もしかするとまだ自分の中心点がぶれている(軸をつくりきれていない、軸をつくる覚悟ができていない?)からシダーウッドの香りに動揺してしまっていたのかも、などと考察してみました。

エッセンシャルオイルに対する自分の反応で、自分の状態がわかる。面白いです。

次回レッスンも楽しみです!

スポンサーリンク

 

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする