週3日勤務の正社員登用ってあるの?無理のないフリーランスへの第一歩を考える

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

育休から仕事復帰して、もう1年が経とうとしています。

この1年、本当に色々あったなぁ。

まず思うことは、世の中の働くママさんはこんなにも慌ただしい毎日を過ごしているのか…ということ。

私はいま人生で初めて、1日24時間じゃほんとに足りないよ(泣)と実感しています。

体調不良が止まらない・・・

私は、仕事と育児のバランスがうまく両立できず、体調を崩してしまいました。

結構うまくやれる自信があったのと、これまで元気印な人だったので、ショックが大きかったですね。

1ヶ月ほど会社を休まなければならないほどに病んでしまい、実は今もまだ完全復活したわけではありません。

今の生活の1日を大きく配分すると、「仕事をする時間」「子供と過ごす時間」「家事をする時間」「自分の時間」大きくこの4つに分けられます。

働くママは「自分の時間」なんてほとんどとれないのは当たり前ですよね。

私も自由になるのは、通勤時間・ランチタイム・子供を寝かしつけた後に自分が値落ちするまでの30分ぐらいなもんです。

でも私の場合、この体調不良の原因は、忙しくて自分の時間がとれないことではないようでした。

夫は家事にも育児にも協力的で、保育園の送り迎えだって率先して行ってくれるんです、本当に感謝感謝。

私は新卒の頃から宣伝という職種に携わってきて、本当に大好きで憧れの仕事だったので、毎日忙しくても頑張れたんですよね。

育休から仕事復帰したら、もっと頑張ってキャリアを磨いていきたいと思っていました。

しかし育児との両立の上では、時間の制限という壁がありました。

どんなに優先順位をつけて限られた時間の中で作業しようとしても、終わらない仕事が出てきてしまい、家に持ち帰って子供が寝た後にパソコンを開いて仕事をする毎日。企画書を書くのはいつもきまって深夜0時をまわってからでした。

もちろんそういった状況でも頑張ってキャリアと積んでるママもたくさんいるのは知っています。

でも私の中では、この宣伝という仕事に対してここでひとくぎり付けようという気持ちが生まれていました。自分の中でもう十分楽しんだよねという感覚です。

いま辛くても何とかやり続けたい!という今の仕事に対する情熱がないんですよね。これが正直な気持ちなので仕方がないです。

むしろ次のステップに進みたい、そんな風に自分の気持ちに素直になると、心穏やかになれました。

そういうタイミングなんだということを受け入れて、一歩前に踏み出したい。そんな今日この頃です。

はじめて考えるようになった理想の人生

「子供はいずれ大きくなって手が離れるから、いまが踏ん張りどころだよ」と良く言われるのですが、でも子供がこんなにも私も求めてくれる時期も今しかない。かけがえのないこの時間を私は大事にしたいです。

日本で生きる上で、正社員でいることの重要性ってすごい語られますよね。

でもこれからの時代、本当にそうなのでしょうか?

もっとAI(人工知能)が発達してきたら、コンピューターで済んでしまう仕事もたくさんでてくると思います。仕事が減ったら、リストラされます。

与えられた仕事をして会社の肩書きで生きるのではなくて、自分ひとりでお金を稼げる力を付けたいし、人と比べないでアイデンティティを強く持てるようになりたい。

そうしたらもう何も怖くないはず。そういう自立した自分になりたいし、いきいきと輝く母の姿を見て、子供にも育ってもらいたい。

子供が産まれる前と後では、本当に大きく考え方が変わりました。

週3日勤務、正社員登用などあるのだろうか・・・

ただ会社を辞めてフリーランスになるというのは、簡単なことではありません。

収入が減るということは、生活面においても精神的にもダメージが非常に大きいことです。

なので、まずは週3日は正社員としてこれまでのキャリアを活かせる仕事する。そして残りの時間で新しいキャリアを積んでいくというスタイルをとりたいなと思っています。

そうすれば、万が一新しいキャリアの方が上手くいかなくても、これまでのスキルが維持できているはずなのでその方面で頑張ることもできるし、金額は減っても収入があるということは大きな安心につながります。

とはいうものの、時短勤務というのがやっと世の中に定着してきた昨今、さらに時間を削って週3日勤務だなんて贅沢だと言われるだろうし、まぁ現実的ではないと思っていました。

派遣に切り替えるかパートタイマーとして働くかという選択肢になると思っていましたが、Facebookにたまたま流れてきた「Waris」という転職支援サービスが目に止まり、話を聞きにいったときに、嬉しい情報を耳にすることが出来ました。

最近はスタートアップ系の企業を中心に、週3日勤務や在宅勤務など自由な働き方を選べる会社が増えているということ。

スタートアップ系の企業は事業規模が大きくないため、ある特定分野に長けた優秀な人材は欲しいものの、業務量が週5日働くほどないといった状況があるそうで、双方のニーズが合致するということでした。そうなんだ、これは初耳。

Warisは、マーケティング・広報・経理・人事などいわゆるホワイトワーカーのキャリアがある女性を対象とした求人案件を多数扱っており、働くママ向けのお仕事紹介がメインとなっています。

私はマーケティング・広報の経験があるのですが、募集している求人内容を見ると、最近はWEBサービスやアプリ等の案件が多い印象を受けました。

まずはWarisには登録を済ませましたが、転職のタイミングとしては1年後ぐらいを想定しているため、いまはどういった案件があるのかをメルマガでウォッチしています。

あと、LiBzCAREERという会社にも登録してみました。こちらはキャリア女性全般ターゲットとしているため、自由な働き方を推奨してはいますが、案件をみるとPR会社・WEB製作会社・代理店など業界的に時間のコントロールが難しそうなところもたくさんあって幅が広いので、しっかりと見極めが必要かと思いました。 

これから1年じっくり考えて、自分にとってベストなワークスタイルを模索していきたいと思います。

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする