ボジョレ・ヌーヴォー初体験!値段が気になる解禁日の宅配サービスを調べてみた

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

今年のボジョレ・ヌーヴォー2016の解禁日は、11月17日(木)。

実はこれまでボジョレ・ヌーヴォーをきちんと飲んだことがないことに気付き、初めて解禁日にボジョレ・ヌーヴォーをおうちまでお届けしてくれる素敵なサービスを利用してみることにしました。

私はお酒は大好きで良くのむ方なのですが、学生時代からずーっとビールと焼酎派でした(笑)

ところが最近は歳のせいか、缶ビール全部飲むのがしんどくなってしまい(なぜか生ビールはいくらでもいけるw)、ワインを冷蔵庫に入れておいて、飲みたい分だけをさくっとキッチンでいただく♪というのが定番になっています。

手頃な値段で素敵なワインが揃うENOTECAのファンに…

そんな中で先日たまたま訪れたのが、ワイン専門店のENOTECA。

とりあえず冷蔵庫に常備しておいていつでもさくっと飲める赤と白のハウスワイン的なのと、お酒が飲めない夫のためにノンアルコールのスパークリングがあったら一緒に飲みたいな〜と、そんな感じでお店の方に相談してみたところ、ささっとおすすめワインを出してくれました。

ENOTECA ハウスワイン ノンアルコールスパークリング

ワインは全然詳しくないのですが、自分の好みとしてはすっぱいのが駄目です。

なので酸味の少ないワインで〜とお願いしたところ、この左と真ん中の赤と白のワインを出してくれました。

左の赤ワインはイタリア産の「ANGELO」というワイン。

重すぎず軽すぎず丁度いい飲みやすさ。フルボディと書いてあるけど、適度なコクですごい好み。

何か夜とか寝る前に海外ドラマでも見ながらブルーチーズといただきたい♪みたいな素敵な妄想をしてしまいました。樽の香りもほのかにして高級感あるんですよね〜

パスタや赤身肉にバッチリ合いますとのことで、納得。冷やして飲むのをおすすめしていました。

そして隣の白ワインは、名前が長い(笑)。

「バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド カデ・ドック シャルドネ」

フランス産のワインで、ミディアムボディのやや辛口と書いてあります。

レモン・パイナップル・ハチミツの香りでトロピカルフルーツのフレーバーで、だけど辛口なので、とってもフレッシュ。

これも大ヒット!海辺のレストランでランチしたい気分になります。

生牡蠣とか魚介系メニューといただいたらこれ最高ですね。鶏肉のソテーとかもよさそう♡

そして一番右のは、「ラルチザンデュテ ホワイトティー スパークリング」

フランス産のノンアルコール スパークリングティだそう。

高級な白茶を使用しており、甘すぎないすっきりとした味わいで、砂糖や甘味料、参加防止剤が入っていません。

しっかり冷やしてシャンパングラスでお楽しみくださいと書いてあり、実はクリスマスに飲みたいな〜と思っているので、いまから楽しみです。

赤・白ワインは1000円前後で手頃なお値段で、これまた感動☆

ということでお店の方のチョイスも素敵すぎて、すっかりENOTECAのファンになってしまったのでした。

ENOTECAのボジョレ・ヌーヴォー解禁日お届けサービス

そんなENOTECAさんのサイトを見ていたら、ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日にボジョレ・ヌーヴォーとおうちまでお届けしてくれるという素敵なサービスを発見!

そもそもボジョレ・ヌーヴォーとは?というのも知らないので、サイトを見てるとわかりやすい素敵な解説がいっぱい。

ボジョレー・ヌーヴォーってどんなお酒?

ブルゴーニュ地方南端に位置するボジョレー地区。ガメイ種を使用した、軽快な赤ワインです。
“Nouveau”(ヌーヴォー)とはフランス語で”新しい”の意味。つまり、ボジョレー・ヌーヴォーはボジョレー地区でその年に収穫したブドウから造られる新酒のことです。古くは地元のブドウ農家が実りを祝うために造られていたとか。フランスワインの中で、最も熟成期間が短く、その味わいは、もぎたての果実のようにフレッシュでジューシー。ボジョレー・ヌーヴォー最大の魅力です。

ボジョレー・ヌーヴォーの美味しい飲み方

フレッシュさが特徴のボジョレー・ヌーヴォーは、少し冷やしてお楽しみ頂くのがおすすめです。普通のワインの場合、冷やしすぎるとタンニンによる渋みが強調されて飲みにくくなってしまいまう場合がありますが、ボジョレー・ヌーヴォーは元々タンニンが少ないので、その心配はありません。冷蔵庫で1時間くらい冷やして、お料理とともに気軽にお楽しみください。
早飲みタイプのワインなので、購入後はなるべく早いうちにお飲み頂くことをおすすめします。

(2016年のボジョレ・ヌーヴォーについて)

いよいよ日本にボジョレー・ヌーヴォーの第一便が到着!今年もボジョレー・ヌーヴォーの季節がやってきます。解禁日は11月17日木曜日。今年は「採れたてのベリー系の果実を口の中で頬張ったかのような、瑞々しい味わいが魅力。」とのこと。特に酸と果実味のバランスが素晴らしい魅惑的な仕上がりです。解禁日当日に確実にお届けするには、事前のご予約が断然おすすめ。 エノテカでは、パリの名門レストラン「タイユヴァン」がセレクトする上級ヌーヴォーと、 ナチュラルな美味しさが魅力の「ジル・ド・ラモア」、そして、昨年大好評の”クリュ・ボジョレーのスペシャリスト”と言われる「アンリ・フェッシ」が今年も入荷。出来立てのフレッシュな美味しさは、この季節ヌーヴォーでしか味わえない特別な味わいです。エノテカが厳選したとっておきのボジョレー・ヌーヴォーの数々を是非お楽しみください。

なるほど〜

ボジョレ・ヌーヴォーって白とかロゼとか色々あるんですね。

やっぱりボジョレ・ヌーヴォーはフレッシュなだけに酸味が強い印象が。酸味が苦手な私としては果たしてどうだろう…

白も気になるけどすっぱいと厳しいので、今回は赤をチョイス!(ま、ボジョレといえばやっぱり赤だし)

毎年一番人気でENOTECAおすすめの、

「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ」750ml 3,500円 (3,780円 税込)

を買うことに。なかなかいいお値段だし、さらに送料が600円はイタイ。

でも今年は飲んでみたい!!!

注文した後に気づいたけど、来週からハワイに行くんだった。解禁日に日本にいないじゃん、ちーん。

届いた解禁日には飲めないけど、ハワイから帰ってきた後の楽しみがひとつできました♪いぇい

ENOTECA online

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする