虫歯じゃないのに歯が痛い!その原因は食いしばりだった

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

2ヶ月ほど前から食事の際に突然左下の奥歯が痛み出し、近所の歯医者さんに治療に行ったのですが痛みが収まらず、その後別の歯医者さんにかかったところ、もしかしたら原因は歯の食いしばりによるものかもしれませんと言われ、まだ治療の途中段階なのですが現在マウスピースを付けて過ごしています。

もし、虫歯じゃないのに歯が痛い・・・という方がいらっしゃったら、是非私の例を参考にしてもらえたらと思います。

ある日、突然の不快感・・・

たしかその時はおせんべいを食べていたのですが、突然左の奥歯に痛みが。激痛というほどではなく、ツーンというかしみる感じというか何ともいえない不快感でした。

それからはほとんど右の方で噛んで食べるようにしていたので、日に日にストレスが溜まっていって食事を楽しめなくなってしまいました。特に固いものを食べているときに、食べカスがその痛みポイントに来てしまうと最悪です。もう食べたくなーいと諦めモードになります。

さらには適当に噛んで食べているので、何だか胃も痛くなってきてしまい、さすがにこれは歯医者に行かなくてはと重い腰をあげて、歯医者に予約の電話を入れました。

最初は普通に虫歯の治療をされる

虫歯の予備軍がいくつかありますねーと言われ、その左下奥歯をウィ〜ンと削られて樹脂?的なものを埋められて治療完了。これでもう何でも食べられると喜んで帰ったのですが、早速家でパンを食べたら、、、「痛っ!」。治っていません。そう、以前と全く同じ状態でした。

かかった歯医者に連絡を入れたところ、治療後は歯が過敏になっているためまだ痛むことがあるので、数日は様子をみてくださいとのこと。次の日から休暇で旅行に行く予定だったので、ちょっと凹みましたが、仕方がないのでしばらくは歯に刺激を与えないやさしめのものを食べるようにして過ごしました。

その後、2週間たっても一向に良くなる気配が無いため、再度病院へ。すると噛み合わせの問題かもしれないと左の奥歯の上下を少し削ってもらい、さらに歯をガードするコート剤を塗布してもらいました。

それからまた1週間ほど様子をみましたが、やはり改善しないので、学生時代に通っていた実家の近くの歯医者(地元では名医と言われている)に行ってみることにしました。

原因は「食いしばり」という意外な診断…

その先生はカルテを見るやいなや、前に来たのは20年前だよと言って笑っていました。恥ずかしい、、何てったって私が中学生のときに矯正のため抜歯にきて以来だったので。ちなみに、私の父・母・妹は未だにこの先生にお世話になっています。

早速診察してもらうと、「歯がものすごくすり減っているね、寝ているとき歯ぎしりする?」と聞かれました。どうやら私の歯のすり減り具合は、50代レベルだそう。ショック!

夫からは特に歯ぎしりをしていると指摘されたこともなかったのですが、よくよく思い返すと昔コルギ(小顔矯正)に行ったときに、頬の筋肉が発達していてエラが張って顔が大きく見えていると言われたことがあったのを思い出しました。これは歯の食いしばりが原因だそうです。

確かに何かに集中して作業をしていると、日中ですが歯を食いしばっているときあるかもと思いました。

レントゲンを撮り、歯の神経が死んでいないか電流を流してテストしてしてみたりと色々やったのち、先生は「やはり消去法から考えて、歯の食いしばりによって奥歯に負担がかかってひびが入っているかもしれない」とのことでした。

レントゲンにひびは写っていないのですが小さい亀裂だと見えないそうで、神経も死んでいないし、考えられる原因はそれしかないと。

ただ、ひびが入っていなくても一時的に歯に異常な圧がかかって痛みを発症している場合もあるので、まずはその圧がかかる状態を改善して、それで良くなればよし。それでもだめなら別の方法を考える必要があるとのことでした。

何とも意外な展開でありました。

治療計画

治療計画は3段階だそう。

1、まず、夜間はマウスピースを付けて無意識の食いしばりによる歯への負担を軽減。日中は自分で意識的に食いしばらないように気をつける。(2週間トライする)

2、それでも改善しなければ、やはりひびが入っている可能性が高いので、ひびが入っていると思われるある程度のところまで歯を削ってしまい、人工的な素材で歯をコートする。

3、それでも駄目なら、もう神経を抜いてしまう。

現在、1を始めたところです。

私はこれまで虫歯になったことがなく、自分は歯で悩むことはない!と高をくくっていたのですが、よくよく考えれば矯正をしたのも顎関節症が原因だったりして、実は幼いころから食いしばりの癖はあったのかもしれません。

衛生士さん曰く、一時的な歯の食いしばりより、長期に渡って歯に弱い圧がかかっている方がダメージが大きいという研究結果もでているらしく、今後どうなるのかドキドキしています。

また、治療の経過を報告したいと思います!

それにしても歯医者って世の中にすごくいっぱいあるけど、やはり腕がいい医者を選ばないとお金ばかりかかって嫌ですね。結果的に原因もわかったし、良い先生に診てもらえて良かったです。

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする