占いではない天職の見つけ方!本当の自分を知るアウェイクニングアロマテラピー

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

現在、私が通っているアロマスクールでは「アウェイクニング・アロマテラピー」というものを行っています。

アロマのエッセンシャルオイルを通じて本質的に自分を知ることで、本当に自分が望む生き方がわかる、そしてそれに向かって進んでいけるという、自分創造アロマテラピーです。

これまで人生の転機にはよく占いを利用していた私ですが、このアロマテラピー理論にはとても客観的な視点があり、これまた私を強力にサポートしてくれそうです。

正直、最初はアロマテラピーが自分に向いていない気がしていた・・・

アロマテラピーを勉強しようと意気込んで最初に買ったのは、アロマテラピー検定用のキットで数十種類の香りを一気に試しました。

しかし、う〜ん何か好きといえば好きかも…と感じる程度の香りがほんの数種あるだだけで、あとは特に何も感じなかったり、むしろトイレの芳香剤のように感じてしまったり不快に思うものもあって、自分にはあまりアロマは向いていないのかもと思っていました。

それが第1回目のレッスンを受けて、自分の好きと思う香りだけ扱えばよいということや、そのエッセンシャルオイルの特性を理解した上で嗅いでみると、なぜ今自分がこの香りが心地よいのか、また不快に感じるのかということに意味があるのを知り、自分の本質的な状態を客観的に知ることができるという点に非常に面白さを感じたのです。

自分のことって本当にわからないんですよね。

選んだ香りの変化

アロマテラピー

私が8月の体験レッスンのときに私が選んだ香りは、ジュニパー/グレープフルーツ/ブラックスプルースの3種で、先生からは“浄化の香り”ですね~と言われました。

その時の自分の状態を振り返ると、本当の望む自分の生き方を考え始めたころでした。

ジュニパーの浄化(固定観念や世間体にとらわれない自分らしさを取り戻す)、グレープフルーツのシンプルさ(頭で考えすぎない)、ブラックスプルースの安定(まわりに振り回されず自分軸を持ちたい)、そんな理由から選んでいたのかなと考察しました。

それから11月に受けた第1回目のレッスンまでは2か月ほどあったのですが、その際に私が選んだのは、シダーウッド/フランキンセンス/ネロリでした。

前回との変化という面では、少し暖かく開ける感じの香りがいいなと思って選びました。

シダーウッドの変化への肯定感(なりたい自分の思いをサポートしてくれる)、フランキンセンスの意識の覚醒(物事を前向きにとらえる気づき)、ネロリのスピリットの高揚(本当にやるべきことへの自信や決意をサポート)という要素から、新しい自分を受け入れて前に進もうというモードになっているのだなと思いました。

そしてネロリなんかは花の香りなので、自分を表現したいという気持ちも出てきていたのかな〜

とりあえず初心者なので、リーディング(状態を読むこと)はまだまだですが、こういったように香りから状態を考察する癖をつけたいし、これが結構楽しいです。

実は今日は2回めのレッスンを受けてきたので、その話はまだ次の機会に書いていきたいと思います♪

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする