仕事と育児の両立疲れ。謎の体調不良に打ち勝つ対処法はこれ!

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

復帰して3か月目、私は早速体調を崩して休みを余儀なくされました(涙)。

自分では結構やれると思っていたのですが、体は正直なもんです。

私の会社には先輩ママさんが数名いますが、環境は人それぞれ違うんですよね。

任されている仕事も様々だし、子供のコンディションだって色々あります。

色々な部署と関わっていて調整が多い仕事だったりすると、自分のペースで業務を進めることが難しいし、子供が病気がちだったりすると会社に行けないので、仕事がスタックしてしまいます。

私はまさにそんな感じで、終わらない仕事にどんどん追いつめられていきました。

会社でないとできない仕事から優先順位をつけてどんどん進めるのですが、やっぱり終わらなくて家に持ち帰ってやる仕事は、資料や企画書づくりなど。結構重いやつやーん(笑)。

なので子供を寝かしつけて、夜の10時から企画書づくりってもう嫌んなっちゃいますよ。それが社内調整用の資料だったりするとなおさら。

そうしたストレスが、私をどんどん蝕んでいったのです。ひー

止まらない体調不良

いろいろありすぎたので、書き出してみました。

<吐き気などの胃の不調>

まず最初に襲われたのは、吐き気。常につわりのような気分の悪さがつきまとうようになりました。

食欲も全然なくて、食べたら食べたで胃が痛くなる、何だよ!体重は2~3キロさくっと減りましたね。

胃カメラをやったところ逆流性胃腸炎でした。いまも消化剤を毎日飲んでいます。

<蕁麻疹>

夜が多いのですが、お風呂から上がったあとにソファで髪を乾かしていると、足全体が熱くなって無性に痒くなってきます。

やぶ蚊に刺されたように腫れ上がって辛いです。冷却材で冷やすとよくなるので、タオルにくるんで当てたりしてなるべく掻かないように頑張ってました。

結局、皮膚科に行って蕁麻疹がでるのを事前に抑えるアレルギー用の薬を飲んで、だいぶ楽になりました。

<ひざやひじが異常に痒い>

突然、ひざとひじがガサガサになり鳥肌みたいにプツプツしてきたんですね。

で、すっごく痒くて、掻くと粉をふく感じになって困っていました。

どんな保湿クリームを塗っても治らないので皮膚科に行ったら、“乾癬”という病気になっていたみたいです。

健康な皮膚と比べて10倍以上のスピードで皮膚が異常に新陳代謝を繰り返してしまうという病気だそう。

私の場合、ドボベット軟膏という最近出たらしい新薬の塗り薬を処方されたのですが、これで一気に良くなりました。(ちなみに新薬だったからか結構値段が高くてびっくりしました)

<口内炎>

舌の裏など今まで出来たことのないような箇所まで、5~6個ぐらいバーっとできました。(舌の裏はめちゃ痛~い)

調べたらイソジンで口をゆすぐといいらしいので、それでしのぎました。

<奥歯にひびが入る>

奥歯が痛くてしみるので虫歯かなぁと思っていたら、食いしばりのせいで長らく奥歯に圧がかかりすぎて、なんと奥歯にひびが入っていました。

毎日夜にマウスピースを付けることになり、さらに神経を抜いてしまうことになりました。ショック!

<体中、原因不明の筋肉痛に襲われる!>

これが一番きつかったのですが、インフルエンザに罹ったときのあの体中の節々が痛くなるあの感じ。

特に激しい運動をしたわけじゃないのに・・・、なぜ??

ベッドから起きるのも一苦労、ものを拾うのも一苦労、もうずっと横になっているしかないぐらいの状態でした。

こればっかりは原因がわからず、かなり手を焼いていました。

治らない!体中、原因不明の筋肉痛に襲われたときの最後の対処法

吐き気や蕁麻疹など病院に行って薬を飲んで治るものはいいけど、この筋肉痛だけは治す術がなく困り果てていました。

私が育児が出来ない状態にまでなってしまったため、子供を夫の実家に1週間ほど預けることになったんです。

子供を預けた翌日、まだ体の痛みは全然あったのですが、夫も仕事で帰りが遅いということだったので、最近ずっとぼんやりやりたいなーと思っていた“二子玉川の蔦屋家電でスタバのコーヒーを飲みながらのんびり読みたい雑誌や本を読む”という小さな願望を叶えに、会社の帰りに二子玉川へ向かいました。

蔦屋家電

軽く夕飯を食べて、スタバでコーヒーを買い、蔦屋家電で雑誌を眺めているとき、「あれ!?全然体が痛くない!」。

さっきまであった筋肉痛が何と嘘のようにひいていたんです。

普通に考えて、雑誌の立ち読みとか、余計に体がいたくなりそうですよね?もうびっくりしてしまって。

この時、初めて体の不調が本当に精神的な原因からくるものと実感しました。本当にあるんですね、こういうことが。

自分のやりたいことを我慢するストレスが積りに積もって、体の悲鳴として出てきたんだと思います。

ママだってひとりの人間です。人によって自由な時間の必要度も違います。

まわりのママは頑張ってるんだから自分も頑張らなきゃと思ったりしなくていいと思います。

人と自分は違います。

私もまわりと比べていつも勝手に苦しくなっていますが、こういう経験をして自分を素直に認めてあげることの重要さを実感しました。

もし同じように体調不良で悩んでいる方がいらしたら、是非私もそうでしたと伝えたくて今日の記事を書きました。

ママが笑顔でないと、おうちの中が暗くなってしまいますよね。

自分も大切にして、家族みんな毎日明るく過ごしていけたらいいなーと思います。

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする