子供の車酔い対策。薬はいつから?吐いた匂いを消す方法<前編>

シェアする

SNSフォローボタン
LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

気持ちのよい行楽シーズン到来!!

我が家もこの週末、箱根に一泊旅行に行ってきたのですが、なんと子供が本格的な車酔いで二度も吐いてしまい大騒ぎでした。

もう2歳にもなると大人と同じものを食べているので、あのすっぱい匂いが車中に広がってなかなかキツイ。

車酔いの記録と残り臭の対策について、前編・後編でまとめていきたいと思います。

その時は突然やってきた・・・

東京インターから順調に東名に乗り1時間ほど、そろそろ箱根口〜といったところで後部座席から異変が。

その日は私が車を運転してたのですが、後部座席で夫に抱っこ紐されていた息子が「あつい、あつい…」と急に悶始めたのです。

夫はウトウトしてしまっていて、その声をしばらく無視し続けていたのですが、私はちょっと様子がおかしいと思い、「ねぇ、少しチャイルドシートに座らせてあげてくれる?」と声を掛けた次の瞬間、何の前触れもなく息子が大量にリバースしてしまいました。

「あつい」は「気持ち悪い」の意味だったんですね。

初めにコポっと出て、続けて蛇口をひねったかのようにボーーーっと。(きたなくてすみません)

夫も息子も全身汚染されていて、もう見てられない状態に。ひーん。

このまま目的地へというわけにもいかないので、途中のコンビニで対応することに。

コンビニで買ったのは、

・大きめのゴミ袋(汚れた服を入れる用)

・ウェットシート

・水

・ファブリーズ

・洗濯洗剤(ホテルで洗う用)

とりあえず、嘔吐物を全て拭きさり、汚れた服を全てゴミ袋に入れて、匂いが出てこないように固く結び、再び車を走らせました。

箱根の芦ノ湖畔で友達家族と待ち合わせしていたのですが、この箱根口から芦ノ湖まではひと山越える感じで、道のくねりがハンパない!

カーブする度に息子の「あつい」コールが始まり、ハラハラドキドキ。

でも何とか芦ノ湖まで辿りつくことが出来ました。

そして友達家族とも合流し、美味しいランチをいただいて、大型船でのんびり遊覧を楽しみました。

やっぱり自然はサイコーー!

息子も元気になってひと安心と思い、ホテルに向かうため車に乗り込みました。

とその時、車内にこもってたあの匂い!!忘れてたーー

次の瞬間、息子二度目のリバース。。。

匂いだけでもやられるんですね、こっちも吐きそうなぐらい激しく香ってましたら。

一度吐いて空腹になっていたらか、ランチでものすごい量食べていた息子。

全て出ましたね。

また、洋服を着替えてゴミ袋に汚れた服をぶち込んで、出発。(夫はもうTシャツのみに…寒そう)

あ〜、早く温泉入りたい。汚れた服を洗濯したい。

息子の再度の「あつい」コールに怯えながらもホテルに到着、何とか乗り切ることが出来ました。

幸いなことに、そのホテルがコンドミニアム仕様だったので、お部屋に洗濯機&乾燥機が付いていて救われましたー。

そして翌日帰りも、箱根のくねくね道を中での「あつい」コール。

途中もしかしたら、風邪とか体調不良の可能性もあるかなと思いましたが、完全に車酔いと確信しました。

後編へ続く・・・

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

SNSフォローボタン

シェアする